title
thumb

仁王|期間限定のα体験版をやってみた!|PS4

公開日: : 最終更新日:2016/10/21 ゲーム新作情報, 体験版プレイ情報

こんにちわ。通販スタッフのたぐーです。

2016年4月26日~5月5日まで期間限定で配信されていた「仁王」α体験版をプレイしてみました!

仁王 α体験版_20160501202540

ネットで噂になっていた和風ダークソウル!
えー!そうなの!?やるしかない!と思っていた半分、
えー?そんなに言う程ダークソウルじゃないでしょー。と思っていた半分

 

やってみたら・・・ホントに和風ダークソウルでした(;´Д`)

 

勿論、全てが同じではないですし違いもありますが、全体的な基本ベースがダークソウルに似ていて、たしかに和風ダークソウルで通じるなぁ。と思いました。

とりあえず、プレイ開始です。

ムービーシーンからはじまり、主人公が映し出されます。

仁王 α体験版_20160501153839

これ、ウィッチャー3のゲラルトさんでは・・・(;´Д`)と思うぐらいのビックリ要素の1つ

仁王 α体験版_20160501153918

とりあえず落ちていた武器を拾って装備をします。
攻撃力から耐久度、愛用度、特殊効果、必要ステータスなどなど。色々細かく設定がありますね。
プレイして感じたのは、とにかく装備品の耐久度の減りが早い事。武器は攻撃すれば耐久度が減りますし、防具も攻撃をくらうとどんどん減っていきます。
ゲームを進めていくと武器、防具の耐久度を回復させるアイテムも登場しますが、製品版ではもう少し改善されると良いなぁ。という印象。

仁王 α体験版_20160501154037

ステータス画面はこちら
基本能力値をはじめ、装備の重さ、敏捷さがあります。装備の重さによっては、敏捷さが下がり回避し辛くなります。
プレイして感じたのは、移動や回避スピードが結構早いです。無敵時間がどの部分まであるのか検証はできなかったのですが、回避行動からの回避行動も隙がほぼないので回避連打もできます。もちろん気力(スタミナ)が減りますので無限にはできませんが・・・。

仁王 α体験版_20160501154146

少し進むと社?祠?のようなところがありました。死ぬとここからリスタートです。
「能力開花」アムリタ(経験値)を使用しレベルアップなどができます。
「奉納」は武器、防具が売れます。アムリタとは別にお金の要素がありました。
「まれびと招喚」特定のアイテムを使用し、協力プレイヤーが呼べます。オンライン協力プレイですね。
「憑けかえ」はキャラに守護霊を憑依させる事ができます。守護霊によってステータスが変わりましたが、体験版中は特に変更せずに進めました。

仁王 α体験版_20160501160325
画像は初期装備の「禍斗」

守護霊によって「九十九武器」に変化があります。九十九武器は守護霊のゲージがあり、溜まるとそれを使用して力を解放できる感じです。
通常時に比べ、劇的に変化するわけでは無かったのでもう少し使用時間を長くするなり、もっと必殺技!な感じが欲しかったですね。
守護霊にもレベルがあったのでその辺で変化がある・・・。と製品版に期待します。

進みましょう。

仁王 α体験版_20160501154328

なんだこれ?と思いつつ、とりあえず戦うを選択。
プレイヤーと同じ格好をした敵が召喚されました。どうやら他のプレイヤーが死んだ痕跡が残り、それと戦う事ができるみたいです。時間とかも残るのが面白いですよね。

仁王 α体験版_20160501154354

なんとか倒すと「お猪口」をGET!お猪口は「まれびと招喚」の協力プレイする時に使用するアイテムでした。

仁王 α体験版_20160501154644

で、ザコ敵ですぐ死ぬっていう(;´Д`)
防具が全くなかったので、攻撃3、4回ぐらいで死にました。

気を取り直してリスタート

仁王 α体験版_20160501155643

敵を倒すとアイテムドロップが結構な確率で出ます。同じ武器、防具でも性能が違うなどハクスラ要素もありました。
レアリティがいくつか有り、レア度が高い程、性能や特殊効果が強い物がありました。上に書いたように装備耐久度の減りは早いのですがこれだけドロップするのであれば頷ける部分もありますね。

仁王 α体験版_20160501175545

道中には、なんか迷子になってるちっこいやつが登場。帰り道を教えるとどこかへ消えてしまいます。消えて行くだけで何もないの・・・?と死んで、リスタート地点へ戻ると

仁王 α体験版_20160501192702

なんか増えてる!Σ(゚Д゚;)
画像は何匹か迷子案内をした時のやつです。

仁王 α体験版_20160501190817

助けていくと、いつの間にか「木霊の加護」が追加されていました。ドロップ率を上げてくれたり、アムリタの獲得数UPだったり、お金を払う事で加護が付くようです。

仁王 α体験版_20160501200802

わー。結構燃えてますね。と他人事のような眺め。

仁王 α体験版_20160501193419

この鬼も強かったですねー。結構タフ。

仁王 α体験版_20160501201337

弓矢でヘッドショットも可能です。

仁王 α体験版_20160501201105

良い感じに装備も整ってきました。初期装備から比べるとだいぶダメージも違います。

仁王 α体験版_20160501223949

武器、防具の効果、スキルも色々発動しております。あり過ぎな気もしないでもない。

仁王 α体験版_20160501191217

レベルも上がり、装備も整ったのでエリアボスへ向かいます。

仁王 α体験版_20160501190605

目標地点に到着!船に乗り込みます。

仁王 α体験版_20160501190653

仁王 α体験版_20160501190701

ボス登場!

序盤は巨大な鉄球が2つ両手に付いています。鉄球の攻撃範囲が結構広いので距離を取っていると逆に辛いかも知れないですね。
こういう時は基本背後に回って攻撃が妥当だろうと適当にやってたら割とハマってました。攻撃を当て、回避をし、再度攻撃を当てを繰り返します。
ヒットアンドアウェイ精神でこういった部分はダークソウルに似ていますね。

体力を半分ぐらい削って行くとやっぱり第2段階あるよねー!?な感じに。両手の鉄球がとれ、少し機敏になり、攻撃パターンも変わります。個人的に辛かったのが鉄球を投げてくる攻撃ですねー。ガードも行けるか!と思ったんですが、恐らくガード不能攻撃かと思います。何回死んだかわかりません。

無事倒すとエリアクリア!

仁王 α体験版_20160501223422

PSストアから「制覇の証」が貰えました。

仁王 α体験版_20160501223358

戻るとエリアマップ的な画面が有り、次のエリアも開放されてました。
協力プレイ(参加する側)も開放されてたので、アムリタを出稼ぎに行く日々!そして、次のエリアをやる前に体験版の期間が終えるという悲しい展開に。・゚・(ノД`)・゚・。

やってみた感想は、和風ダークソウル。ではなく和風ダークソウルっぽい。でした。

似たような部分はあります。ですが、独自の要素もかなりあったので製品版に期待大です。ポイントの部分をつらつらと。

・攻撃の構えに種類があり、攻撃モーションが変わるのは良い。同じ武器でもだいぶ感じが違います。

・気力(スタミナ)管理が厳しい。気力が切れるとぜーはーぜーはーと息切れし、隙だらけです。

・ハクスラ要素。武器、防具ドロップ率もかなり高く、色々な場面で使い分けられそう。

・スキルポイント要素があり、好きなスキルを成長させる事ができる。パッシブスキル、武器、術のアクティブスキルがある。

・敵をロックオンすると敵のスタミナが見れる。スタミナ切れの時を狙って攻撃!

・序盤から敵のダメージが大きい。難易度が高い!とかではなく単純に攻撃力が高すぎるイメージ。序盤であれだと後半がとんでもなさそう。

・エリアクリア型。マップが大きいというより同じ所を回っている印象。

発売日がいつになるのかわかりませんが、楽しみなソフトの1本です(*´∀`)ノ
またβ体験版が配信されたりするんですかねー・・・。その時はまたブログに書いてみようと思います!

そんなこんなでまたお会いしましょう!

The following two tabs change content below.
通販担当たぐー
好きなもの ゲーム全般:ネットの評価は気にせず、自分が気に入った物はやるタイプ 食べ物:坦坦麺。新発売のカップラーメンは思わず買ってしまいます。 猫:好き。猫カフェに行きたいと思いつつも、実行には移せず。 ハマりゲー:最近はFate/Grand OrderとモンストをやりながらPS4かPSVitaのゲームをやる日々。 【桃太郎王国】 URL:http://www.mmk.jp/ TEL:0120-23-0059 Mail:store@mm-oh.com 【取扱商品】 PS4、PS3、PSVITA、3DS、WiiU、XBOXONE、TVゲームソフト、ゲーム機本体、ゲーム周辺機器ほか

記事を気に入ったらシェアをしてね

  • twitter
  • facebook
  • google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

ブログの読者になる

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。
読者登録はコチラ